【だるま寺】桜餅



今日の体験は、桜餅づくりでした。

もち米を鍋で炊くところからみんなで始めていきました。


炊き上がったお餅をボウルに入れてこねこね。

米粒が消えてお餅のようになってきます。

なかなか力がいる作業で、ボウルを押さえる人、こねる人と、自然に役割分担ができていました。


お餅をラップに広げて、あんこを乗せて、くるくると丸めます。

お餅は冷めるとラップにくっつくやすくて、

なかなか思うように広がってくれません。。。

お水を少しつけながら作業を進めると、上手にできましたよ。


桜餅の葉っぱがない状態と、

葉っぱをつけた状態と食べ比べました。

葉っぱから出るの塩味と桜の香りがいかに大切か、感じることができました。


仕上がった桜餅は、熱いお茶と一緒にいただきました!!




コミュニケーションタイムでは、

英語の会話に挑戦しました。


まず、テーブルでドイツのセーニャさん、エジプトのマリーナさん、

観光大使たちと練習し、

マット先生との会話に挑戦するコーナーに、挑戦しました。


全員がクリアできました!

子供達の吸収力、本当に素晴らしい!!と感じた時間でした。