【醍醐寺】おもてなし準備


 (↑写真)この日、一人目のお客様に伝えているところ。この時は紙から目がはなませんが、どんどん上手になっていきましたよ。



 5人の留学生をおもてなしするための準備をしました。

留学生が来てくれるのは、12月22日の一週間後です。

1年間の醍醐寺での遊びと学びを経て知ったことをもとに、

醍醐寺の素敵と楽しさを伝え、好きになってもらうことを目標に頑張ります。


 私たちのおもてなし内容は、醍醐寺のご案内です。

大使たちは、知っていることをまとめたメモをもとに、伝えるための練習をしました。


 まず、お部屋の中でスラスラ言えるように練習しました。

以前は、より良く伝えるために、室内での練習に時間を取っていましたが、

今回は、内容を伝えられるようになりさえすればOKとし、外に出ました。


 次に外に出て、観光客の皆さんにご協力いただき、伝える練習です。

お部屋の中では小さな声で言っていた子も、

伝えたい気持ちから大きな声で頑張っていました。

「ありがとう」の言葉をもらった子は、それが自信になり、

さらに伝わる工夫を考えて、頑張っていましたよ。

「目を見て」や「手振りをつけて」などのテクニックを一つ一つ教え込むより、実践の場に出してしまうことの有効性を感じました。


 案内の練習後は、来られた時にお渡しする「ウェルカムカード」の作成、

お別れの時にお渡しする「お土産」の作成を行いました。


 22日のおもてなしがとても楽しみです!!