【醍醐寺】京の味編 おすもじ作り



今回は徳川家光の乳母・春日局に贈り物として送られたことがきっかけの「おすもじ」を作りました。

「おすもじ」という聞き慣れない言葉は、室町時代に女性の間で流行した女房言葉です。


始めに「お」が付き、終わりに「もじ」「もの」が付くのが特徴です。


今でも「おでん」「おしゃもじ」「おつけもの」などが使われています。



「おすもじ」は巻き寿司に似ており、海苔の代わりに湯葉が使われています。また、醍醐は昔タケノコが有名であったのでタケノコが入っています。他ににんじん、しいたけ、ごまが入っています。


料理長からお出汁の作り方も教わり、お吸い物としておすもじと一緒に美味しくいただきました。